ハチ駆除をする前に│ハチに対して知識を持とう

ハチの危険性について

作業員の男の人

もし自宅でハチが大量発生している場合は、すぐにハチ駆除を始めることが大切です。ハチはとても危険の昆虫であり、人間に害を及ぼす可能性があります。ミツバチなどは一度人間を指すと針がとれてしまうので、そのまま死んでしまいます。しかし、それだけでミツバチの攻撃は終わりません。刺した針から興奮作用が他のミツバチに伝染して、針がさされた対象物に対して一気に攻撃がはじまります。このようにミツバチは、個体なら大した怪我もなくてすみますが、集団になると命の危険もあります。これらが巣を作って家にいると大変危険です。したがって、すぐにハチ駆除にとりかかる必要があります。ハチ駆除をする上で、ミツバチよりも危険だとされているのが、スズメバチです。スズメバチは普段は温厚なミツバチと比較して、基本的に性格が獰猛なので、素人では近づくことすら危ないとされています。それにミツバチと違って一度針を指しても死ぬことはなく、何度も指すことができます。また警戒心が強いのもスズメバチの特徴であり、ハチの攻撃を避けようと手で振り払うと、興奮作用が起こります。これに他のスズメバチも刺激され、対象に向かっていっせいに攻撃をすることがあります。さらに、大量のスズメバチに刺されると死に至ることがあるので、すぐさま病院に行くことが大切です。もし動けない状態になるまで負傷した場合は、大きな声で助けを呼ぶなどして、周りに助けを求めてください。人によってはスズメバチの毒がまわることが早い体質の方います。そのような方は一刻も早い治療が必要になるので、早急に病院で治療してもらうことが大切になります。また、それを予防するために、ハチの巣を見つけたら、すぐにハチ駆除をするようにしてください。