ハチ駆除をする前に│ハチに対して知識を持とう

ハチの危険性について

作業員の男の人

ハチの種類は主にミツバチとスズメバチであり、後者の方が警戒心が強く獰猛なので、注意することが大切です、また、ハチ駆除をするときは、ハチに刺されないように注意するようにしまよう。

詳しくはこちら

ハチと対峙する前に

家

ハチ駆除をする際は、できるだけ全身を隠すような格好で作業に臨むことが大切です。手には手袋をはめ、足元にはブーツなどの皮が厚めのものを履きましょう。さらに、目を刺されると大変なので、帽子をかぶることも重要です。

詳しくはこちら

ハチに刺されたときは

蜂

ハチ駆除の作業などでハチの巣に近づいたときに、うっかりハチに刺されてしまうことがあるかもしれません。そんなときは応急処置をとることが大切です。まず、ハチに刺された直後にすることとして、巣の近辺から即座に逃げることが必要です。針で攻撃されたということは、ハチにとって警戒対象として認識されたということです。ハチは人間を警戒対象とすると、警戒フェロモンを近辺の中のハチたちに分布します。これが仲間のハチたちに行き渡ると、その場にいる多くのハチが攻撃対象として認知して集団で襲ってきます。そのため、ハチに刺されたときは、刺したハチが警戒フェロモンを出すまえに、早急にその場から遠のく必要があります。さらに、そのときには決してパニックになったり、大声を出したりしてはいけません。特にパニックで手を振り回してしまうと、即座にハチに敵とみなされてしまいます。波風を立てないように、落ちついて巣から離れるようにしましょう。ハチから距離をとったら、傷口を水などで洗い流すことが必要になります。また、できれば刺された箇所をあまり動かさずに、針をとって毒を抜き出してください。そうすることでハチが刺した毒が薄くなって、人体への影響を最小限に留めることができます。この作業はハチに刺されてから数分以内ですることが望ましいとされていますが、もし時間がたっても慌てずに、落ちついて毒抜き作業を開始してください。慌てて体を無理に動かしてしまうと、かえって体に毒が巡ってしまいます。このように、ハチ駆除のときにハチに刺されてしまったときは、落ちついて対処することが大切です。

ハチを寄せ付けないために

作業員と女性

スズメバチは巣を見つけたときは、落ちついてハチ駆除をする業者かお住まいの自治体に連絡をいれてください。また、一度でもハチに刺されたことがある方はアナフィラキシーショックが起こる可能性があるので、注意が必要です。

詳しくはこちら