ハチ駆除をする前に│ハチに対して知識を持とう

ハチと対峙する前に

家

ハチ駆除の被害に合わないためには、あらかじめ予防策をしておく必要があります。ハチは習性として、黒いものに対して攻撃することがあります。自宅でハチ駆除などの作業をするときは、白い衣服を身に付けて作業をすることが大切です。また、ハチ駆除の作業ではできるだけ全身を覆うような衣服を身に付けましょう。ハチは服のすき間などから侵入することがあります。半袖半ズボンといった服装が危険なのは言うまでもないですが、長袖長ズボンだけを着用しても、危険が回避できるわけではありません。手を守るためには手袋が必要です。人間はハチを追い払うときに手を使って払いのけることが多いとされています。そのため、人間の手はハチの攻撃対象になりやすいのです。したがって、できるだけ分厚い手袋をしてハチ駆除の作業に着手する必要があります。また、当然ですがスリッパなどの肌の露出が多い靴類をはいてはいけません。足のハチによく狙われやすい箇所なので、安全にガードする必要があります。できれば長めのブーツのような厚い靴をはいて、ズボンとの間にすき間ができないようにすることが重要になります。また、忘れがちなのが頭の防備です。人間にとって頭や顔はハチの被害にあうと、のちのち後遺症などを残してしまうことがあります。また、目などを刺されると失明する可能性があるので、大変危険です。防御性の高い農作業用の帽子などを深々とかぶり、頭や顔を守るようにすることが必要になります。また、首元からハチが侵入することもあるので、首にはタオルなどをまいて対処しましょう。このように、ハチ駆除には全身にわたる防御をする必要があります。